KAWAKAMI VILL, NAGANO

08/30/*10 朝21℃

今週は札幌へ行ったり岡山へ行ったりで少し疲れて
いるようなので山へ。

日曜日に東京に居たって死体同然、飯喰ったり電気
使ってるから死体よりタチが悪い。だから山で寝ま
しょう、どうせ寝るんなら。来週は福岡に出張もあ
るから来れないしやっぱり行っとこうよと言葉巧み
にカミさん説得して、ややバテ気味の体を車に積ん
で来たみた。

4年程前からどうしても登山靴が欲しくて、国内外
の革製の重登山靴を見て回ったけど、ピンと来るも
のになかなか出会えないでいた頃、偶然みつけた日
本製の重登山靴。革はスイスのガルサー社、ノルウ
ィージャン製法でクドく縫ってある。2年半ほど気
に入って履き倒したけど、その靴を作ってる職人に
何とかコンタクトして作ってもらいたかった、ベー
シックなデザインの昔ながらの製法で作られた登山
靴にレーザーでグラフィックを彫り込んで行くつも
りだったのでフライング気味にレザー彫刻機だけは
すでに何ヶ月も前に購入済み。革だって既にスイス
から仕入れて仕事部屋の隅に積んである。だけど一
向に履いている靴の職人に辿り着けない。

生まれも浅草、記憶の1ページ目から寝床の下の階
ではトントンと靴が作られていた家だったし父親の
友人たち(子供の頃から周りに居たオッサン連中)も
皆な革屋か靴コウバの社長だったから、いくら登山
靴ってやや方向の違うジャンルでも調べてもアテが
つかない靴作る職人なんて想像もできなかった。

そうこうする内にウチのスタッフの捨て身の調査で
2年目にやっと連絡先が判明した。
早速、都内某所に履いていた靴を持って押し掛けて
やっと会えたその人は子供の頃から職人にもってい
たイメージとは違うベランメーなタイプじゃない..。
先代からの続く2代目らしく登山はやらないけどス
キーは相当の腕前らしいスポーツマンだったからか
とベランメーじゃない理由を勝手に見つけながら何
とか登山靴を作ってもらいたい一心でいい事ばかり
を喋る喋る。
ご本人は先代から続いている登山靴製作を洋服屋の
為に作るのは気乗りしないらしく中々進まない話を
なんとかサンプルだけでもと強引にねじ込んで帰っ
てきた。

やっと、辿りついた夢の入り口に嬉しいんだけど一
筋縄じゃ行かなさそうな話の行き先にタメ息ついた
りで迷惑がられてた経緯があったけどなんとか一回
目の製品が出来上がってきたから、やたらに嬉しい。
何とか風じゃない正真正銘の本物にやっと触れる事
ができた判ってもらえないだろうなぁ、じんわり持
ち上がってくるニソニソ笑い。時間が経ってくると
イイ感じになるんだ、この靴。

その靴を持って、卸先の店頭にお客さんたちに来て
もらって僕がフィティングをしながらサイズを決め
てもらうってのが先週の札幌や来週福岡でやる事。
洋服屋としては教育も受けずアイデアだけでここま
で泳いで来たけど靴屋としては18の頃から木型の
削り方やフィッティングの要領など一通りの教育を
受けてきた。
20人以上の昔からのお馴染みさんの顔や初対面だ
けど僕らの靴に興味を持ってくれている人たちの足
さわりながら紐を結ぶ。紐結びながらこみ上げてく
る、グッドバイブみたいなものを感じながら久しぶ
りに靴屋稼業で暮している気になった。
こんな風なら靴屋もいい仕事だったんだなと呟く..。

そんな皆の靴ひも結んだ手でチェーンソウののスタ
ーターの紐をひっぱってエンジンを掛ける。
今回は2泊できるからゆっくりやりゃあいいんだ。

(小林)

< Previous ...  Next >

08:30:*10-1.JPG
08:30:*10-2.JPG
08:30:*10-3.JPG
08:30:*10-4.JPG

Copyleft Anarcho Mountaineers