HIGASHIYAMA, TOKYO

02/26/*12 979.76ガルって

先週のボイラー噴湯事件で修理してもらった箇所の
養生の為また都内の中途半端な標高の自宅にいる。

中途半端な標高..........
なにやら意味深で思わせぶりな表現。

自宅のある目黒区、東山あたりは旧日本陸軍の練兵
場(軍事的ひろば)だったところ。向こうの世田谷公
園からこっちの東山まで続く丘の上の広大な平べっ
たいゾーン。
その平らな土地に公務員宿舎、自衛官宿舎、自衛隊
病院、警察寮など此処で暮す、公務員の為の施設で
占められている。
公園、保育園、小学校、中学校が特定の地域に全て
揃っている環境の為、浅草のようにガキ達が町会の
中で遊びまくっていて騒がしいが、とても好ましい
環境。

公園も周囲に大きいのが3つもあるから、犬飼ってる
もんには最高の土地。
その近所の3つの公園の1つ、東山公園に以前からあ
る怪しげな事が書いてある看板。
看板の前に立つと標高33.1mと書いてある。
子供の頃から江東区の海抜ゼロメートル地帯の事を
聞かされ続けたせいか、あるいは泳げないから怖い
のか兎に角、海抜ゼロメートルは頂けなかった。
そんなアタシが今、目黒の標高33.1mもある場所に
暮している、またしても強烈に突き上げて来る多幸
感。しかし、程なくその強烈なる多幸感も33mの標
高分しか無いので、やがて平常心に。
山の手に暮す自分を褒めてあげながらも目線はもう
ひとつの数字に釘付け。
重力値って......何だろう........?
標高のように数値が高いからと言って簡単に盛り上
がれない.....。
979.76ガルだからねぇ、しかし一体なんだ?

Wiki見ても腑に落ちる話は書いてない、というか判
らないしヒップエレキバンのような肩の凝りを取る
効果なども書いてない。

しかし、公共の公園に、こうしたデカデカと意味不
明のサインが表示されている。
判る人が、この前を通ると僕らが標高の数値をみて
下町より高い場所で安心なんだね、とか考える事が
出来る数値なんだろうか?

979.76ガル ...........

ひょっとして、この金属プレートの上に乗ったら浮
くんじゃあ、とも思うけど試す事もせず、不思議は
不思議のまま、東京は目黒区の標高33.1mの公園の
片隅に温存される事に。

ダメだ、山行けないと退屈だな。

(小林)

< Previous ...  Next >

02:26:*12-1.JPG
02:26:*12-2.JPG
02:26:*12-3.JPG
02:26:*12-4.JPG

Copyleft Anarcho Mountaineers