HAWAII, BIGISLAND, HILO

hawaii bigisland hilo

今度は家族を連れてハワイ島へ行った。
着いたら最高、着くまで地獄のエコノミーパックで。

もちろん、あれだけの巨体が浮くんですから
スペースの確保がどれだけ重要かは素人にも
わかりますよ。

でもねぇ。
あの値段の差はどうなんでしょう?
そこまでリッチにしなくても大丈夫なんで
もう少し頃合いの良いクラスを設けるのは不可能
なんですかねぇ。と、いつも思います。

国際線、国内線と乗り継いでヒロ空港に降り立った
ときに息子が「着いたってことは帰らなきゃいけな
いんだよね。また、あの飛行機に乗るのかぁ。
やだなぁ...」と、ポツリ。
同感ですが、ちょっと発言が正直すぎて苦笑。

さて、愚痴はこのへんにして遊ぼ、遊ぼ。

東京から持ってきた家族5人分の着替えと
紙おむつ、コメ5kgと味噌や何やら調味料、
それにサーフボードにカメラ機材に
水中メガネと浮き輪と
ヨメの水着たくさんたくさん。
って、これ全部車に乗らないでしょ?
なんで炊飯器が入ってるの?
もう、民族大移動ですよ。

仕様がないのでレンタカーをアップグレードして
なんとかすべての荷物と人員を乗せて出発。

今回の宿泊地は見知らぬ人が所有している一軒家。
世界中の物件オーナーと提携して(その数230,000
件)旅行者に情報提供してくれる。
そして仲介手数料を取って、あとはオーナーと直接
メールでのやりとり。そんな具合なので、
正直アップグレードしたレンタカーの代金よりも
安い。世間の一般的なサービスと清潔感を望まない
僕たちのような旅行者には面白い時代になってます
よね。レンタカーもはやいとこ、そんなシステムに
なればいいのに...

「2週間という限られた時間の中でこの広い島を遊び尽くす」

今回の旅のスローガン。
まぁ。どこに行ってもそうなんですが。

つづく

本間
(写真上から・空港で宿題をする子供たち・地獄から
の風景・レンタカーより安いバケーションハウス、
もしくはバケーションハウスより高いレンタカー)

< Previous ...  Next >

IMG_0060.jpeg
IMG_0169.jpeg
IMG_0191.jpeg

Copyleft Anarcho Mountaineers