Syracuse, N.Y

07/10/*16 Live Phish at Syracuse

今回2度目のニューヨークでの海外展。
今回は Mountain Research の春と夏の服を見ても
らいに来た。

しかし、自分の今回の焦点は展示会ではなく
2004年の8月以来のPhish のライブを観れた事

展示会前から今回のPhishのスケジュールは知って
はいたけどライヴの開催地は同じ州内だけど僕らの
いるマンハッタンからはちょっと遠いシラキュース
シラキュースまでは片道5時間はかかるよ、本当に
行くの? と現地在住の皆が心配そうに言う。
確かに展示会の二日目に抜け出して翌日に展示会場
へ戻ってくる事ができるんだろうか?
出かけてくる前はハリキッていたけどやはり仕事だ
から展示会中心に考え無いとなぁ、だから行けなく
ても仕方ないか と半分諦めていた。

そこへ、ぼくらの展示会場であるショールームの
オーナー(ジョン)が "小林さん諦めてはいけな
い Life is Short, Don`t give up " と活を入れら
れその後なんとシラキュースまでの往復を運転して
くれる運転手役の友人を捜してきてくれた。

そして、湖畔のステージ上で繰り広げられた最新
Phishのショーを見る事が出来た。
たった一晩だけど、素晴らしいロケーションで。

そして夜通し走ってマンハッタンのホテルに戻れた
のは夜明け前の4時半、マイク運転大変だったね。
ありがとう、みんな。
顔は緩んだまま展示会会期もすべて無事消化。
こうして帰りの機内でも多幸感に包まれたまま。

一人では奇跡には出会えない、奇跡はいつも
"自分では無い誰か"が運んできてくれる。

こうして今回も。   (小林)

< Previous ...  Next >

07:10:*16-1.jpg
07:10:*16-2.jpg
07:10:*16-3.jpg

Copyleft Anarcho Mountaineers